会社案内

代表挨拶

地球温暖化など環境保護への対策として太陽光発電が注目されて、すでに数十年が経ちます。この数十年で太陽光発電が飛躍的に発展、普及をしてきたことは、多くの方が感じられている通りです。
しかし、太陽光発電の使命はこれで終わりではありません。本格的なエネルギー源として定着、さらなる普及をしていくには、採算性のある環境ビジネスとして成立させる必要があります。
特に2019年はFITとも呼ばれる固定額買取制度の買い取り機関が順次終了していくことを受けて、「卒FIT」後の太陽光発電をいかに持続可能なものにしていくかが問われています。

私たちJ・システム株式会社は、こうした太陽光発電の新しいフェイズに的確に対応し、再生可能エネルギーが私たち人類をより幸せにするための取り組みを進めています。
今から培ってきた確かな技術を、これからの時代のために。
J・システムの挑戦はまだまだ、これからが本番なのです。

今後とも、私たちJ・システム株式会社をよろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長 沖 紀和

会社概要

商号 J・システム株式会社
資本金 2000万円
設立 平成6年8月23日
所在地 〒250-0862神奈川県小田原市成田481-1
電話番号 0465-39-5202
0120-79-5202
ファックス 0465-39-5203
代表者 代表取締役社長 沖 紀和
従業員数 20名(2016年2月現在)
取引銀行 スルガ銀行南足柄支店
さがみ信用金庫栢山支店
横浜銀行大雄山支店
商工組合中央金庫 横浜
許認可一覧
  • 建設業の許可票
    神奈川県知事許可(特-27)第70714号
  • 電気工事業務許可
    一般用電気工作物及び自家用電気工作物 第227002号
  • 住宅用太陽光発電システム 施工認定店登録証
    施工認定コード TOKANJSID
    • 施工認定メーカー
    • シャープアメニティ
    • 長州産業
    • サンテック
    • カナディアンソーラー
    • 東芝
    • パナソニック
    • 京セラ
  • 小田原市 公共下水道排水設備工事 指定工事店証 第281号
  • 小田原市 公共下水道排水設備工事 責任技術者証 第14418号
  • 小田原市 指定給水装置工事事業者証 第286号
  • 小田原市 指定給水装置工事事業者証 第286号
  • 松田町  下水道排水設備指定工事店証 第124号
  • 開成町  下水道排水設備指定工事店証 第123号
  • 二宮町  下水道排水設備指定工事店証 第223号
  • 南足柄市 下水道排水設備指定工事店証 第158号
  • その他  産業廃棄物収集運搬業許可
  • その他  古物商許可

アクセスマップ

営業所

営業所 浜松営業所
住所 〒435-0048 静岡県浜松市東区上西町55-2
電話番号 053-467-0339
ファックス 053-457-5506
営業所 富士宮営業所
住所 〒418-0066 静岡県富士宮市大宮町10-15
電話番号 0544-28-1230
ファックス 0544-28-1231
営業所 三島支店
住所 〒411-0816 静岡県三島市梅名479-11
電話番号 055-928-7351
ファックス 055-928-7188

J・system RECRUITING SITE 2019 「自分らしい働き方」2019ジェイシステム株式会社リクルート

MESSAGE

求職されているみなさまへ J・システムからのメッセージ

私たちはJ・システム株式会社は、次世代再生可能エネルギーの大本命である太陽光発電の普及および、オール電化の販売施工によって「快適エコ住む」を提案する環境ビジネス企業です。
さまざまな技術革新によって、私たちの生活は驚くほど豊かで快適なものになりましたが、それには資源の大量消費や環境破壊といった代償が伴っているという事実があります。このまま同じことを続けていたら、いつか地球は人類が住めないような星になってしまうかも知れません。
それでいいはずはありませんが、だからといって原始時代のような生活に戻るわけにもいきません。そこで世界的に期待され、注目されているのが地球環境への悪影響を極限まで排した再生可能エネルギーの開発と普及です。太陽光発電で電気をつくり、オール電化でクリーンな生活をする。それを家庭レベルだけでなく、産業や社会全体に広めていくこと、そこから持続可能な社会を実現するというのが、J・システムの考える未来です。
そのためには、次世代に必要となる環境製品をもっともっと世に広めていかなくてはなりません。この大切な役割を、私たちと一緒に担っていきませんか?自分の仕事が社会のためになる、地球のためになる、そして未来の子供たちのためになる―そんな仕事に熱い気持ちを持って取り組んでいただける方を、J・システムは大歓迎します。