お客様の声

小田原市 K様

Q1.導入内容を教えてください。

切妻屋根 1面 3.8kwです。

Q2.導入されてからどれくらいになりますか。

半年経ちました。

Q3.太陽光発電を導入しようと思ったきっかけをお聞かせください。

J・システムさんが訪問されたからですね。当初は全く導入は考えていませんでした。
訪問販売は基本的にお断りしていますし、太陽光も高いんじゃないか、屋根も傷むんじゃないかと否定的なイメージを持っていましたから。

今の電気代が一般的に使い過ぎているのかどうかそこまでわからないじゃないですか。
最初にその辺りからJ・システムさんは調査してくれて、導入によるメリットや不安な部分についてもしっかり説明して頂けました。

説明を頂いて、今までのイメージが偏見だったという事がはっきりわかった事が大きいです。

Q4.施工をご決断された理由をお聞かせください。

営業スタッフの方によるシュミレーションによって日々の支払額や導入前後の電気代が明確にわかり、納得出来た事で決断出来ました。
後は、担当の方の人柄ですね。信用できる方だと思えました。

Q5.設置して一番良かった点をお聞かせください

家が発電所になった!という実感があります。
(奥様)我が家で月の給与が減って来た時に売った電気が口座に入ってくるので、すごく助かります。
(旦那様)我が家にもう一人稼ぎ手が増えましたね。朝早く目覚めて、ふと発電モニターを見た時、日の出直後にも関わらず発電していたんです。我々が休んでいる時まで働いてくれている!と嬉しくなりました。
今までこの太陽光を無駄にしていたかと思うと勿体無かったなと思いますね。

Q6.設置して一番良かった点をお聞かせください。

5,000円以上は安くなっています。昼の時間はほとんど太陽光発電でまかなえてしまうんです。

Q7.節電効果や売電はどのくらいでていますか。

今の所平均して1,6000円程度は売電が出ています。多い時はさらに2,000円ぐらい上乗せされました。売電だけでなく、光熱費(買電)が減っているので導入効果を凄く感じています。

Q8.電気代の節約について、どんな工夫をされていますか。

(良い意味で)逆に節約意識が無くなっているかも知れません。
オール電化のみ導入していた時は、昼は高いから使わないようにと思っていましたが、今は昼の電気は太陽光発電でまかなえてしまう。オール電化のデメリットを上手く補えるんですよね。そういった部分で神経質にならずに済んで良いですよ。

Q9.半年経過しましたが、毎日の生活で変化はありましたか?(意識したこと)

貯まった売電で省エネ冷蔵庫を購入してしまいました。結果として省エネ化が進みました。得をして省エネが進む。相乗効果が出ていますね。

Q10.これから設置を検討されている方へアドバイスをお願いします。

偏見を持たずに軽い気持ちで、まずは現状の電気代が使いすぎていないかチェックしてもらうのはどうでしょうか。無料でシュミレーションや説明をしてもらえますし。
私達の場合、ご近所で太陽光を導入しているお宅が居なかったので、最初は不安でした。シュミレーションをしてもらったとはいえ、実際の所どうなんだろうと。

導入して3ヶ月経った時には、「不安」が「安心」に変わりました。逆に導入しない理由が考えられないぐらいになりましたよ。

J・system RECRUITING SITE 2019 「自分らしい働き方」2019ジェイシステム株式会社リクルート

MESSAGE

求職されているみなさまへ J・システムからのメッセージ

私たちはJ・システム株式会社は、次世代再生可能エネルギーの大本命である太陽光発電の普及および、オール電化の販売施工によって「快適エコ住む」を提案する環境ビジネス企業です。
さまざまな技術革新によって、私たちの生活は驚くほど豊かで快適なものになりましたが、それには資源の大量消費や環境破壊といった代償が伴っているという事実があります。このまま同じことを続けていたら、いつか地球は人類が住めないような星になってしまうかも知れません。
それでいいはずはありませんが、だからといって原始時代のような生活に戻るわけにもいきません。そこで世界的に期待され、注目されているのが地球環境への悪影響を極限まで排した再生可能エネルギーの開発と普及です。太陽光発電で電気をつくり、オール電化でクリーンな生活をする。それを家庭レベルだけでなく、産業や社会全体に広めていくこと、そこから持続可能な社会を実現するというのが、J・システムの考える未来です。
そのためには、次世代に必要となる環境製品をもっともっと世に広めていかなくてはなりません。この大切な役割を、私たちと一緒に担っていきませんか?自分の仕事が社会のためになる、地球のためになる、そして未来の子供たちのためになる―そんな仕事に熱い気持ちを持って取り組んでいただける方を、J・システムは大歓迎します。